テニス中に手の負傷|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

テニス|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

尼崎市武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱・駐車場3台完備

尼崎市武庫之荘近郊の西宮市・伊丹市・宝塚市で捻挫等のケガをしたら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院ください。

土曜・日曜も夜20:30まで受付しております。各種保険取扱・駐車場3台完備。


先日の日曜日の午前診療に、テニス中にフレームショットになってしまった際に手部を負傷された患者様が尼崎市よりご来院されました。

受傷後、ご自身でアイシングと湿布等はしていたようですが、患側手部の甲に強い痛みと動作痛、可動制限が強く残存し、次月の大会に向けて早期復帰を目指しご来院されたようです。不幸中の幸いで骨折の症状はありませんが、疼痛・圧痛が強く残存し動作痛・可動制限も強く認めたので、アイシングと物療の後に超音波を施療し、包帯固定を施しました。

スポーツでの外傷も基本的には熱感・腫脹等の炎症症状を伴いますので、原則としてRICEの処置が大切になります。スポーツをされている方は往々にしてケガをしたままプレーを続行することが多いのですが、ケガをした直後はやはり安静にして患部の炎症症状の沈静化に努めることが、結果万全の状態でのプレーへの早期復帰に繋がります。


1、Rest(安静)
2、Ice(冷却)
3、Compression(圧迫)
4、Elevation(高挙)


こうした骨折・脱臼・打撲・捻挫等の急性のケガは熱感を伴いますので、アイシングと冷湿布をできる限り早い段階でしてください。その応急処置だけでも痛みや炎症を防ぐことができます。


骨折・脱臼・打撲・捻挫等のおケガをされた場合は尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院へご来院下さい。健康保険にて施療が可能です。


受傷直後の応急処置をするだけで加療期間が短縮できますので、自己判断せずに急性外傷の専門家へご相談下さい!


今日の格言
悪意をすてて、愛をとれ』

 

リンカーン