日曜日に子供の首の痛み・寝違え|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

尼崎市武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱

寝違え・筋違えは、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院ください。


土曜・日曜も夜20:30まで受付しております。各種保険取扱・駐車場3台完備。


日曜日の午前診療に、寝違えにより首の痛みを強く愁訴される小学生のお子様とお母様が尼崎市武庫町よりご来院されました。

当院初検時、首の痛みのため頭部が傾いた姿勢(斜頸)を保持されていました。頚部に動作痛・可動制限を強く認めました。

小さいお子様の場合、首が動かせなくなったり、首が傾いたままのような姿勢が続く時は、寝違いよりもまず環軸関節回旋位固定を疑います。

環軸関節回旋位固定とは、首の骨を構成する7つの骨の一番上にあり頭蓋骨を支える『環椎』と、その下に位置し首を回旋するときに軸となる『軸椎』が、何らかの原因により亜脱臼を起こしてしまい、周囲の靭帯によりロックされて動きが制限されてしまう状態をいいます。確定診断はレントゲンやCT等の検査が必要となりますが、早期の処置や重篤な症状でなければ概ね牽引や頚椎カラーなどの処置で良くなることが多いです。

今回の症例でも、当院で3日間愛護的に徒手牽引と頚椎カラーの代わりとなる部材を包帯で巻いて首を支えてあげることで、痛みと可動制限・首の傾きが消失しました。

子供と大人では同じ首の痛みでも施す処置が異なることがありますので、お子様が突然首の痛みを訴え、首を傾けたまま動かせないような症状があった場合は、すぐに尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院下さい。


今日の格言
『とにかく具体的に動いてごらん具体的に動けば 具体的な答が出るから』

相田みつを