橈骨遠位端骨折|コーレス骨折の応急処置|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

尼崎市武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱・駐車場3台完備

先週土曜日の午後診療に、お孫さんと公園でバドミントンをしている時に転倒し、手首を捻挫したと主訴する女性の患者様がご来院されました。

利き手を負傷された様子で問診票も自署できず、問診・視診・触診の結果、橈骨遠位端骨折(コーレス骨折)の疑いが非常に強く感じられたため、患部をアイシング・冷湿布をした後に巻軸包帯・スプリントで固定しアームストラップにて提肘の処置を施しました。

レントゲン検査と確定診断を得るため、年中無休で診察してくださる整形外科医へ診療情報提供書をもってご紹介させて頂きました。後日診察して下さった整形外科医より、橈骨遠位端骨折(コーレス骨折)で外固定にて保存加療し、経過によっては手術も視野に入れているとのご返答を頂きました。

患者様自身は当院の直ぐ近くにお住まいであることから、当院でのリハビリ後療を希望されていますが、骨癒合を得られてギプス除去後の骨折後療のリハビリには医師の同意が必要であるため、またその時にご相談下さいとお伝えさせて頂きました。

※接骨院・整骨院で骨折・脱臼の応急処置以外のリハビリをして行く際は、医師の同意が必要となります。

骨折や脱臼の応急処置やその後のリハビリは、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご相談下さい。

今日の格言
『私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある』

ゴールドスミス