肩こり


肩こりとは、首の後ろから背中の上部、肩や上腕に関わる筋肉の鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感を総称して肩こりといいます。

 

肩こりは一般に僧帽筋痛をさす場合が多く、僧帽筋が緊張して頸部~肩にかけて全般的な圧痛があり、圧痛点を認めることもあります。

 

上腕を体幹から離した位置で作業を続けるなど、不自然な姿勢をとり続けることによって単純に僧帽筋が疲労して発生することもありますが、精神的なストレス、自律神経の乱れなどによる頸部~肩周辺の筋肉の緊張と血行不良が原因です。

 

肩こりの原因


日常生活から考えられる原因

 

①長時間同じ姿勢でのデスクワーク

同じ姿勢で長時間パソコンに向かっていることで、首や肩周辺の筋肉(主に僧帽筋)に緊張が続き、肩こりの症状があらわれます。

 

②眼精疲労

パソコン、携帯電話などによる長時間にわたる目の酷使や、メガネの度が合っていないなどの慢性的な目の筋肉の緊張や疲労が、肩こりの症状を引き起こすことがあります。

 

③運動不足による筋肉疲労と血行不良

日頃から体を動かしていないと、筋肉が普段使われないので、筋肉の緊張や疲労が起こりやすく、肩や首筋がこります。さらに、運動不足は血行不良を招き、肩こりの発症の原因になります。

 

④ストレスによる筋緊張

肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。そのため、肩周辺の筋肉が緊張し、肩こりが起こります。一時的なものであれば問題ありませんが、連日ストレスにさらされ筋肉に過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することがあります。

 

⑤寒さによる肩の筋肉の緊張、自律神経の乱れ

 

寒い場所や冷房の効いた部屋でずっと過ごしていると体に不自然な力が入り、筋肉が緊張します。さらに、寒さによって自律神経の乱れを引き起こすために、筋肉の緊張が強まり、肩こりの原因となります。

 

上記のように、一般的な原因としては精神的な緊張や不自然な姿勢のために、僧帽筋などの筋肉が緊張して血流が悪くなり、乳酸などの疲労物質がたまったりビタミンの欠乏などをおこし、筋肉の硬結を招いて肩こりと感じられます。したがって、肩こりそのものに対する治療としては、僧帽筋の血液循環をよくするために温熱療法・マッサージ・体操・ストレッチの他、入浴も効果があります。

 

肩こりの解消方法


温熱療法

筋肉は冷えると収縮して固くなり、温めると緩んで柔軟性が増すという性質があります。筋肉を温めることで、筋肉の血管を拡張させ血流の改善を促し、肩こりの原因となっている筋肉のコリを柔らかくしていくことができます。また、筋肉が固くなって硬結を起こしている患部を温めることで痛みも緩和してくれるので、肩こりや慢性的な首や肩の鈍痛を緩和する効果も期待できます。

 

当院で行う温熱療法は、ホットパック・超音波療法などがあります。他に、全身を芯から温めることができるヒーリング・スパ・チェアやフォトンドームなど、病院・整形外科・他の整骨院等では取り扱っていない効果的な機器もございます。

 

 

マッサージ

適切なマッサージは筋肉の緊張を緩め、血流を改善することがわかっています。脳内にもオキシトシンやセロトニンなどが分泌されて、抜群のリラックス効果をもたらすことがわかっています。しかし、ここでいうマッサージとは、刺激がほとんどなく柔らかく触れるようなマッサージのことをいいます。

 

強い刺激のマッサージは、逆に筋肉の緊張を高めて筋組織を壊し、交感神経が興奮して中毒性の高いβーエンドルフィンが分泌されます。

 

そして、『筋緊張→血流悪化→疲労物質・発痛物質の蓄積→ダルさや痛みが強くなる→筋緊張が増す』といった負のスパイラルを繰り返していると重度の肩こりへと繋がっていき、より強い刺激やマッサージを求めてしまうという悪循環を繰り返してしまうのです。

  

 

体操・ストレッチ

体操やストレッチで筋肉をほぐしてあげることで血液循環がよくなり、肩こりが緩和されやすくなります。さらに、ストレッチをすると気持ちもスッキリします。それは、ストレッチに副交感神経を活性化させ、リラックス効果を高める作用があるからです。

 

寝る前にストレッチをするとぐっすり眠れるのは、心と体がリラックスするからです。ストレッチは血流を改善する効果が期待できるため、筋肉の疲労回復にも貢献することいわれています。肩こりも日々の疲労の積み重ねで起こることが大半なので、日々疲れと気持ちをリセットするためにも毎日ストレッチは継続しましょう!

 

ストレッチをする際のポイントとしては、ゆっくりと呼吸をしながら時間をかけて行うことです。ひとつの姿勢で20~30秒はストレッチをしましょう。また、自分の体が伸びる範囲で行い、自分が気持ちいいと感じる程度にするのがベストです。きつい刺激を与えると却って逆効果になります。

 

ストレッチをするタイミングは、お風呂上がりの体が温まった状態が筋肉もほぐれているためおすすめです。体が冷えていると筋肉も伸びにくくなりますし、ストレッチ効果も期待できません。

 

 

入浴

肩こりの解消には「温めて血行を良くすること」「筋肉をやわらげほぐすこと」が大切。この2つが一度にできるお風呂は肩こり解消に最適です。温め&ストレッチを毎日実行することから始めましょう!

 

患者様に問診の際に入浴状態を確認していつも驚くことが、非常に多くの方がシャワーだけで済まして湯船につからない習慣がついているということです。骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れ・寝違え・ぎっくり腰などの急性期に、炎症症状がある状態での入浴は当然禁忌ですが、それ以外の日常生活ではできる限り入浴で身体を芯から温めることを推奨します。

 

また、湯船のお湯の温度も41℃が理想です。これ以上熱いお湯につかると交感神経が興奮してしまい、却って筋肉が緩んでくれません。少しぬるく感じるくらいでゆっくり湯船につかることで、副交感神経を優位にし精神的なリラックスと筋肉の弛緩を促しましょう。

 

当院では、ヒーリング・スパ・チェアやフォトンドームなど、入浴習慣があまりない方にでもご利用頂ける温浴設備がございます。今までお悩みだった肩こりの原因を解消し、痛みやストレスのない日常を目指しませんか?

 

肩こり治療