尼崎市武庫之荘整骨院|名倉堂接骨院


小さなお子さんの肘内障による亜脱臼から、高齢者に起こりやすい転倒による骨折・打撲・捻挫など、幅広い世代の方々に対して柔軟な対応ができる、地域に根ざした接骨院を目指します。

不安や疑問を抱えたままでは治療の効果も半減してしまいますので、当院では問診に十分な時間をかけています。
症状や治療方針、日常生活における事まで、どんなに小さなことでもお気軽にお尋ね下さい。

名倉堂接骨院 院長 田中 一成

初代名倉やじべえ直賢(1750年〜1828年)が接骨科を創業したのは、明和年間のことでした。これは、日本で初めての接骨院です。 名倉家は、桓武天皇の後裔であり、現在は本家14代目は東京の千住にて名倉医院を開設しています。

全国で2万軒を超える接骨院・整骨院があるといわれていますが、「名倉」または「名倉堂」と称している院は五百件です。この「名倉」関連の院は、名倉の下で修行を積み、家名継承を許されたものたちです。
関東で「名倉」「ほねつぎ」の代名詞といわれており、近代医学が進む中、現在でも日本古来の無血療法(手術しないで治す方法)を伝承しています。

どんな痛みに対しても、様々なアプローチや豊富な最新医療機器を活用し、痛みを軽くする方法をご提案させて頂きますので、あきらめず、我慢をせずにお気軽に御来院ください。

当院で湿布といえば、名倉堂に昔から伝わる黒い湿布を指します。 市販されている湿布と違うのは、当院で和紙に薬剤を1枚、1枚手作業でのして作っています。

市販の湿布は急性期に貼ると、患部に熱がこもりやすくかぶれやすいのですが、名倉堂の黒湿布は通気性 が良いため、急性期でも患部の熱を取ってくれ、そのうえかぶれづらいお肌にもやさしい膏薬です。

名倉堂接骨院というだけで「黒い湿布ある?」と聞かれる位、昔から使われ信頼されてきた湿布です。 今までお肌がかぶれやすく、痛い患部があっても湿布を貼ることができなかった方にも、お使いいただけ ると思います。