業務災害


【 頚椎捻挫・頭部打撲・腰部捻挫 】 業務災害 40代・女性

 

訪問看護で患者さん宅からの帰路で交差点停車中、後方より車に追突され受傷し、そのまま加害車両に逃走された。

 

救急搬送後、近隣総合病院にて近医でリハビリするよう指導を受け当院へ転院する。過失割合0割であるが、加害車両が特定出来ないため労災保険適用し加療を行う。2ヶ月通院し加療終了となる。

 

【 頚椎捻挫・腰椎捻挫・右肘部挫滅 】 業務災害 40代・男性

 

業務中、高速道路を走行中に脇見をした2tトラックに側方より追突され横転する交通事故に遭う。

 

受傷後、整形外科等に通院するも症状の緩和が思わしくなく、大阪府内在住であるが、知人が交通事故に遭って当院にて加療を受けたことを聞いて大阪府内の整形外科より転院。

 

5ヶ月間通院し加療中止となる。

 

【 頚部捻挫・右股関節捻挫・右膝部打撲 】 業務災害 40代・男性  労災保険+人身傷害保険

 

出張中、タクシーに乗って移動時、無保険車に衝突され受傷。

 

加害車両が自賠責保険も未加入であり、相手方に賠償能力がなかったので、施療費は労災保険・その他費用を患者自身の人身傷害保険にて賄うこととなる。

 

右下肢は1ヶ月の加療で良好となったが、頚部のみ9ヶ月の通院加療となった。

 

【 左踵骨骨折・左膝関節内側側副靱帯損傷 】 業務災害 50代・男性

 

10tダンプのトラック荷台から足を滑らせ、足部から落下し踵部を地面に強打し負傷。

 

受傷後総合病院に入院し、退院後のリハビリ後療を希望し当院へ転院。

 

患者かかりつけの整形外科医より口答で骨折後療の同意得る。

 

5ヶ月通院し概ね良好となったので加療を中止す。

 

【 左環指末節骨骨折 】 業務災害 30代・男性

 

業務中、60kgの製品を移動させている時、左手指を挟まれ受傷。

 

受傷後、総合病院 整形外科にて1ヶ月間加療するが完治せず当院に転院。

 

骨折後療は患者が口答で主治医より得ていたので、当院にて物療を施し1ヶ月で加療中止す。

 

【 右下腿部挫傷(下部) 】 業務災害 50代・男性

 

飲食店ホールにて25kgのテーブルを移動させた時、右下腿部内側腓腹筋損傷。

 

勤務先より休業証明発行が必要なので、整形外科への通院指導を受けたとのことで、当院より診療情報提供書をもって整形外科を紹介し、引き続きの後療同意を得る。3ヶ月強通院し、加療中止となる。